青の陽射しに灼かれて
お前から美しい予感がする
死だけが寄り添うように優しくて
唇に続く全ての嘘の為に
息も瞬きも忘れろ、これは恋だ
偽り欺き奔放な
晴れて虚しい青空に
囁くに甘やかな密談を


優雅で淫らな夜の調べ
モナリザに酷似した女
寄り添うにいじらしく春よ
美食家はモーヴピンクの唇を欲す
愛を語らうは寝台で
ルノアールは女を愛さない
不実な唇の秘め事
咎よりも罪深きリビドー


娼婦よ夜は甘いか
ホテル・カリフォルニアの606号室で
その紳士、好色につき
その淑女、紊乱につき
そのバンビーノ、猛獣につき
その地獄、甘美につき
シザーハンズ・ミザリー
愛は汚辱にまみれて


猥雑劇場
下劣で夢見がちなパブロフ
華美な花は凋落がよく似合う
みだらな貞淑
苛めるに愛しくて蔑むほどに可愛くて
思慕と白濁
ベッド・サイド・ストーリー
貪欲な年頃なもので